B-bouroku

多様な価値観があるということを発信していきます。またそれを実現するためのMein Kampf

『飢えなきゃ勝てない』は単なる精神論じゃあない

※読んだ方のみしか分からない記事ですがご了承ください

 

こんにちは。tomoです(@tomo_ojyou)

 

現在絶賛放送中の『ジョジョの奇妙な冒険第5部~ 黄金の風』ですが、そこから世界一巡後の第7部の世界。(STEER BALL RUN スティールボールラン) ですが、僕の中で名言中の名言がこれ↓

ã飢ããªããåã¦ãªããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

『飢えなきゃ勝てない。ただし、あんなdioなんかよりずっとずっともっと気高く飢えなくては』なんですが、このセリフが出てきた背景にはスティールボールランレースの最中、聖人の遺体をジャイロが手にしているものの、それを奪おうとdioが迫っているなか、ジョニィがジャイロに対して指摘した言葉です。

ジャイロはネアポリスの国家公務員(代々国家に仕える処刑人の家系)の出、反逆罪で捕まった少年を助けるためにレースに参加、対してdioは純粋に勝利や大金を掴みたいと考えています。

 

ジョニィ・ジョースターの名言・名セリフ集一覧① │ ジョジョ名言・名セリフ大全集完全版!ジョジョの奇妙な冒険

 

引用元

第3ステージのゴール前、必ず勝つと奮い立つジャイロに、「君はDioには勝てないッ!」とジョニィは言い放った。ジャイロは人から教えられた技術によって、死刑を告げられた少年を救うために闘う「受け継いだ者」であるのに対し、Dioことディエゴ・ブランドー馬術も地位も全てを奪い取ってきた「飢えた者」。その差をジョニィは指摘したのだ。

 

✔ 飢えた者という内的要因

上で書いたように、ジャイロは使命感からくるモチベーション。これは誰かを救いたいという外的要因ですが、対してdioは『勝ちたい』という内からくる純粋な熱量。

やはり、誰かを救いたいというモチベーションで動くことも素晴らしいですが、

自分のために動くことや行動することに勝るものはないと思います。

やはり、言い方は悪いですが自分のためにガツガツいける人はなんらかの魅力を感じますし、人生のストーリーがあるように思います。

 

✔ 飢えたものは行動も能動的、努力も安定的

自分のために頑張れる人は、能動的で努力も安定的だと思います。

結局、成功するには能力というよりも『計算して努力を継続』できるかなのかと感じます。

一時記のテンションや動揺で、努力を安定的に継続できなきゃ結果って出ないのではないでしょうか。

 

✔ おわりに

この記事もう一回濃いものに編集したいなと思ってます。

内的要因を保ち、モチベーションを継続することが言語化できていません。

ただ、7部は本当に熱いので読んでみてください。5部の熱さとはまた別の角度ですが

ブログタイトル名変更 ブログ名『B-bouroku』にします

こんにちは。tomoです(@tomo_ojyou)です。

 

ブログ名を変更し、『B-bouroku』とします。

以前のブログ名だと複雑すぎるし、ポルトガル語だから全く浸透しなさそうだったので、単純に『備忘録』に少し細工をいれてローマ字表記にしました。

 

このブログの他に関心のあることブログを運営しているんですが、下記のことを中心に書いていこうと考えています。

 

★自身の活動記録

★好きなジョジョ関連の記事

★思っていることや考えていることの掃出し

★他何かあれば

 

といった完全に雑記ブログにしていくこととします

Twitterを少し控え、時間を作って将来について向き合おうと思う

※この記事はtwitterには投稿せず、僕のブログを読者登録してある人、もしくは僕のツイッターアカウントのリンクから入れ、読める人だけ読めばいいかなと

 

普段は1日に何ツイートもしてしまうほどのツイ廃人だけど、実際のところ『twitterを分かってはいるけどやめられない』という状態で惰性でなんでもツイートしていました。

フォロワー数も750とそこそこおり、誰かしらイイネやRTをしてくれることが心地よく、小さな承認欲を満たさんがために意地でもツイートしてたと思います。

 

そういった状態は良いのかもしれませんが、実質的に自分に対する利益が一切ないと思います。(他人のツイートに対してイラッとくることもあるので‥)

なので、少しばかりtwitterを控えます

実はディアボロの主人格ってドッピオなのでは?

こんにちは。tomo(@tomo_ojyou) です。

 

現在、放送中のアニメ、ジョジョの奇妙な冒険 ~黄金の風~ についにドッピオが登場しました。

見てる方は分かると思いますが、ドッピオとボス(ディアボロ)は二重人格です。

(なぜそうなったのでしょう・・?)

ãããããªãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

✔ ボスとドッピオは二重人格

そもそも、ドッピオとは誰なのか。ザックリと説明ですが、ドッピオは本名ヴィネガー・ドッピオ。普段は内気な青年で、ボスのディアボロと違い、全く残虐性は有しておらず、むしろ引っ込み思案な性格。

ですが、時折ボスの正体がバレそうになるとボスの人格が出てきて、激昂し相手を抹殺します。(スタンドはお馴染みのキングクリムゾンです)

 

ただ、冒頭でも言いましたが、彼らは二重人格者なのですが、どういう経緯でそうなったかは作中でも明らかにされていません(もし知ってたらコメントで教えていただけたらなと‥) 彼の過去のエピソードでそれを推察するしかなさそうです

※ちなみにドッピオは「ダブル」という意味だそうです

 

✔ 本来はドッピオが主人格では?

ドッピオはサルディニア島の教会の神父に引き取られ、養子(?)として育てられました。(そこでトリッシュの母親となる人物と出会ったのですが) 

神父曰く、「どんくさいがサッパリした性格」そして、神父が自宅を改装しようと工事をしてた時、神父がドッピオの母親を床下から発見してしまい、一瞬でしたが彼がが神父を殺害するような描写がありました。

おそらく、この頃から徹底した秘密主義で残虐な性格のディアボロができていたのだと思います。(ドッピオ自身は気づいてないでしょうけど、解離性同一性障害境界性パーソナリティ障害と思ってます)

 

本来の内気な性格のドッピオが、本当は自分を守りたい、強くありたいという意思が明後日の方向にいった結果、暴力的、残忍な人格のディアボロが生まれたのだと思います。ディアボロの人格の際も、自分の秘密を暴かれたくない一心で火消しに奔走するあたりが本来の内気な性格を示しているように思います

 

✔ 主人格のドッピオをもう一人の人格のディアボロが守ろうとしている

さらに、ドッピオが主人格だと思える点があります。

それは、ドッピオが電話で通話する動作をしている際、「ドッピオ、私のドッピオ」とやさしい言葉をかけている点が気になります。

もしかして、単に利用することが目的だったかもしれませんが‥

 

✔ おわりに

解説が多いジョジョ作品にしては、なぜドッピオとディアボロが二重人格になったかの経緯が全く明かされていませんが、いずれにせよドッピオもディアボロも長らくファンの間では魅力的な敵キャラとして語り継がれています。

アニメオリジナルの描写も多い、5部アニメですが、今後も金曜深夜が楽しみで仕方ないです。

 

Auf Wiedersehen

 

 

フーゴの取った行動はチームの中で最も賢明だと思う

こんにちは。tomo(@tomo_ojyou)です。

 

久々のジョジョ記事を更新です。今回は『フーゴが護衛チームを離脱』したことについて、自身の思うところを綴っていこうと思います。

 

✔ なぜフーゴは離脱したのか

そもそも、なぜフーゴは離脱したのか。ザックリとですが、それは、護衛チームのリーダーであるブチャラティが、ボス(ディアボロ)がトリッシュを自分の都合のために始末しようとしたことに、ブチャラティがそういった行為は許せないと感じたからです。

ãããã£ã©ãã£ãè£åã£ããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

結局、ブチャラティパッショーネを裏切り、ボス打倒のクーデターを起こそうと決意します。

一回目のディアボロ戦の舞台のサンジョルジョマジョーレ教会前で、上のような告白をし、ヴェネツィアを離れることを仲間に伝えます。

それに賛同したのは、最初からパッショーネを掌握、浄化しようと計画していたジョルノ、ブチャラティを高く評価していたミスタ、アバッキオ、ノリでついてきたナランチャです。

 

しかし、フーゴは離脱してしまいました(セリフは下記)

 

ããã¼ã´ å¥ããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

é¢é£ç»å

 

✔ 僕もフーゴの立場だったと思う

全員離脱した場合は漫画としての話が成り立たないですが、現実はそうだと思います。

中では恥知らず、裏切り者と揶揄されてるフーゴですが、僕自身も同様にフーゴの立場をとると思います。

上のフーゴのセリフを見れば分るのですが、初対面に近いトリッシュに対してなんの恩義もなく、どんな性格かも分からないのに、なぜみんなボスを倒そうと決意するんだろうというのがフーゴの気持ちでしょう。

現実に置き換えていると、今勤めてる会社の社長に決起し、更迭を考えるようなもんですからね。(バイトテロとかでそうなってる会社もあるようですが)

 

※元からパッショーネを掌握し、組織の浄化を図ろうとしていたジョルノは別ですが

 

✔ さすがに分が悪い

漫画の世界だからストーリーがなきゃいけませんが、さすがに一構成員が組織を相手に戦うのは分が悪いです。なにか決定的な武器がなきゃ勝てない戦いだと思います。

 

よほどブチャラティに人望があったのだと思います‥

 

✔ おわりに

今回は当たり前なことを当たり前にかいたので、前半ボリューミーでしたが、後半は尻すぼみでしたね。

でも、僕はフーゴは本当に賢明な判断をしたと思います。なにより、はじめから組織に居場所や自身のアイデンティティを求めていた感じなので、そこまでしてトリッシュを守ろうとしたブチャラティや激しい野望を持つジョルノとは主義思想が違っていたのではないかなと思います

こぼれ落ちそうになりながらも皆さんそこに生きている

こんにちは。tomo(@tomo_ojyou)です。

 

例のごとく、ツイッターを徘徊していたら、下記のツイートが、リツイートで回ってきました。

ちょっとこの人良いこと言うよねって思って、こんなポエムっぽいタイトルにしてみました。

 

 

タイトルの通りなのですが、いかなる立場の人であれ、日常を精一杯生きています。

中には、どうしようもない事情があり食うに困ってる人もいる。

また、自分のように上ばかり見て、自分の実力と目標の差がいかんともし難い場合の人もいる。

 

そういった人も含めて、ある意味で生きてるだけで尊いと思う時はあります。

もちろん、食って寝ての繰り返しでは全く人生は進みませんが、本当にたまには生きてることが尊いと自分で認めてあげなくてはならないのではないだろうかと思います。

 

上記のツイートのように、紛争ではないものの、日本では、毎年3万人の自殺者が出ていると言います。本当にそれを考えると皆さんはギリギリを生きててかつ生き残ってるから素晴らしいと思います。そして、僕もその中の一人なのでよく生きたと自分を肯定したいところですね。

 

着実に日々を生き、やれることを増やします。

 

自分より格下の人(格下だと思ってる)を見て安心している間はどんなに環境を変えても幸せにはならない

こんにちは。tomo(@tomo_ojyou)です。

 

春になったはいいですが、花粉症がキツすぎて、仕事、勉強、生活に支障が出てきてますが、なんとか薬でカバーして耐えてる状況です。

 

今回のテーマは『マウンティング』と言っておきたいです。そもそもマウンティングとは何か。簡単に言えば、他者に自身の優位性を示すという行為です。

参考資料下記

kotobank.jp

 

僕はこれを、下を(自分より下だと思ってる人)見て安心すると解釈しています。ただ、こういった上なら偉い、下なら大したことはないという判断基準をいつまでも持っていると、どんなに行動しても、どんなに環境を変えても幸福感を得ることはできないのではないでしょうか。

 

✔ そもそもなぜ人は下を見て安心するのか

完全に自論ですが、『安全圏』を欲してるのかと思います。人は何かリスクを負う時は不安、恐怖がまず付きまとい、いち早く安全を欲します。

無職になってまず焦るのは明日のお金を考えて、職を求めて手当り次第会社にエントリーするのと似ていますね。

 

自戒も込めてですが‥

結構話が脱線してしまいましたが、自身が不安になる→ダメなやつだ→でもあいつよりマシ→安心するなどという流れを思い出してほしいのですが、自分より社会的ステータスが劣ってる(劣ってると認識している)人を見ると安心しちゃうのは自身が安全圏にいると錯覚してしまうんだと思います。

 

✔ 上か下かの考えじゃ消耗する

結局、上なら偉い、凄い。下なら大したことはないといった単純な人間関係なら本当に友達、親友、恋人ってできないのではないでしょうか。

あいつには勝ちたいという気持ちって成長するには良いですが、これが本当に大きくなると自分より能力やスキルが高い人と遭遇すると嫉妬になり、消耗してしまうと思うんです。

 

✔ 自己肯定感を育みたい

自己肯定感を高めてまず「自分」のこれまでを認めていくことですね。ただ、一朝一夕では自己肯定感というものは育まれません。

自己肯定感が高ければ、周りがどうマウンティングしてこようと全くブレたりしませんし、自分の人生に一生懸命なので他人の経歴には良い意味で気にしません。

 

✔ おわりに

今回のこの記事を書いたのは自身にも下(だと思ってる)を見て安心する傾向があり、自戒も込めて書きました。そういったことは本当によくないですし、単に消耗するんです。

また、視野が狭くなり自分の価値観が凝り固まってしまい、いわゆる『老害』化すると考えています。なので、自己肯定感を育み、本当に自分の人生に真っ直ぐ生きたいですね