garimpeiro(ガリンペイロ)

働き方・貧困についてもう少し多様な価値観があるということを発信していきます。またそれを実現するためのMein Kampf

何かを仕掛けるには地方が有効的

おはようございます。こんにちは。こんばんは

 

以前からずっと就職活動を機会に、首都圏に移住したいとツイッター上でも、ブログでもほえていました。(今もその気持ちは変わりません)

 

以下過去記事 (順不同)

min-pou.hatenablog.com

 

 

min-pou.hatenablog.com

 

 

min-pou.hatenablog.com

 

しかし、地方暮らしを2年近くもすると、ある心境の変化がおきました。

それは地方にも一つ拠点を作りたくなったことです。

こんなツイートもしていますね(以下)

 

なぜこんな心境になったのかを自分の言葉でまとめてみました。

 

★富山のコミュニティスペースに遊びに行ったこ

先日、首都圏に向けて就職活動(今も継続中)をしていた時に知り合った友人と久々に会うことになり、富山のコミュニティスペース『ひとのま』を紹介され衝撃を受けたこと。空き家を借りて不登校児、社会に居場所が少ない人、人生に息詰まった人など、多種多様な人たちのためのコミュニティスペースがあったことです。そしてそれが、一個人の手で運営されていたことに衝撃を受けました

やはりそれは、何もない地方だからこそできる一つの社会とのつながり方ではないだろうかと思いました。 ETVでも特集されていますね

 

★首都圏での就職活動を通じて、都会の生活は消費的で受け身ってことに気づいた

先ほどからずっと書いているんですが、僕は首都圏に戻りたくて就職活動をしてきました。今も変わってはいませんが、就職活動を通じ、今更ながらあることに気づきました。それは都会って知らないうちにお金がなくなるよね。別にスリに合っているってわけじゃないですが、移動費、高価な家賃。これだけでも随分高い額になると思うんですよね。

あとサービスがあふれかえっているため、自分で何か行動するにしても結局それらを利用するしかない。つまり、ゼロベースから自分たちで作り上げるってことが難しい。

 

かなり衝動的に書いた記事のため熟考なんか全くしていませんが・・ブログってそんなもんですよね。

ちなみに、地方の有用性を著名人も訴えていますね。

 

 

 

先ほどのコミュニティスペースひとのまの然りで、何かを仕掛けたり、ゼロから作るためには地方はうってつけだと思います。今後は、首都圏での利便性と地方でのゼロから何かを作る楽しみの両方を身につけていきたいです。

 

今日はこのへんで