garimpeiro(ガリンペイロ)

働き方・貧困についてもう少し多様な価値観があるということを発信していきます。またそれを実現するためのMein Kampf

子供を生むことに対する覚悟とその後

おはようございます、こんにちは、こんばんは

 

もう既に10月になっており、今年もあと2ヶ月~3ヶ月で終わります。最近は半袖を着ることもあれば、長袖も着ることもあります。

 

一応、前置きはこんな感じですが、今回もふと思うことがあり記事にしてみたテーマがあります。それは「子供」ですね。

f:id:min-pou:20171029172024p:plain



僕自身今年30歳になったばかりなので、周囲から結婚や出産といった話題が聞こえてくる時期になってきています。

ただ、そんな時に思ったのが、みんな口をそろえてに「出産して子供を生む」とか「子供を作る」といっていますが、よくそんなに簡単にいえるよなと思います。僕自身はというと、結婚願望はありますが子供はできればいいかくらいにしか思いません。

簡単に周囲が子供を作ろうとか言っていってよく考えずに作ると悲惨な状況になるんじゃないかなと思っています。 以下にまとめました

 

★ 子供は完全に親の都合で、この世に生を受ける

まぁ、当たり前ですが、親自身が子度がほしいとか、そろそろ赤ちゃんがを作ろうといわない限り赤ちゃんてできません。以前の僕のツイートですが、そこそこ反響があったので貼り付けました。

 

 

子供を作る際、親ってこのようなこと考えているのかなと思います。まだ、結婚すらしていないのであまり口にしてはいけないですが、純粋に疑問に感じました。

 

★ 親は貧困であってはいけない、そして余裕がなきゃいけないと思う

そうはいっても、子供がほしい、赤ちゃんを作りたいとなった時は、もう作ればいいのではないかなと思ってしまいますが、一つ念頭に置かなくてはならないことが個人的にあります。それは親は貧困であってはいけない、そして余裕がなきゃいけないこと

 

上は、フリーランスエンジニアとして活動する「やまもとりゅうけん」さんのツイートですが本当にそうだと思いました。確かに仕事をして時間的制約や、それでも得られる賃金が少ない中で、子育てとなればまさにこのツイートのように、39度の熱がある状態でトライアスロンだと思います。また、自身のブログでこんなことも言っています。

以下引用

 

子供作っちゃったら当然育てないといけないから、毎月安定的に入ってくる収入がよりいっそう必要になるじゃないですか。ってなると、仕事辞められない感が相当増すわけですよ。いよいよ労働に縛り付けられる人生の幕開けだけど大丈夫?
僕はそうなるのが嫌だったから、ほぼほぼ働かなくても食っていけるくらいの自動収入が得られるようになるまではとてもじゃないけど子供つくろうなんて気にはなれませんでしたよ。
何でみんな、お金も時間もない丸腰同然の状態で、「子供」という名の巨大なリスクを受け入れられるの。普通にすごいわ。ちなみに、そこで「子孫を残すため」とか言うのやめてね。「戦前か」って思うから。
まあ最悪、働けなくなっても生活保護受ければなんとかなる話ではあるけど、子供がいることで子供がいない時より金銭的に豊かになることはまずないわけですよ。そんなことはわかった上でヤってます?

 結構強烈に捉えられますが、子供ってかなりの時間、お金、メンタルを必要とするものなのだと感じますね。だからこそ、金銭的な余裕、メンタル的な余裕が必要といったことと解釈しました。最近、児童虐待育児放棄の問題にも関心があるため、子供を生み、育てるといったことについて深く考えるようになったので、こういった記事を書きました。

 

★最後に

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。僕自身も結婚願望があるため、自分が親となる立場となれば、多く稼ぎ、余裕もある親にならなきゃと思いますね。

 

※参考

www.ryukke.com

www.ryukke.com