garimpeiro

働き方・貧困についてもう少し多様な価値観があるということを発信していきます。またそれを実現するためのMein Kampf

確かに、自己責任論ってヤバいわって話

おはようございます。こんにちは。こんばんは。

 

今回のテーマは「自己責任論」です。

毎回ですが、今回も書きなぐりの記事です。あと、今回の記事は妄想や推測が入ってます。

 

≪参考記事と過去ツイート≫

www.ikedahayato.com

 

 

 

 

 

 

 

昨年のツイートも含め、貼り付けていきましたが、このアカウントで散々言ってきたのですが(同じ内容のツイートもあってすいません) 日本に蔓延する自己責任論や厳しい国民性は本当害悪だと思ってます。

 

★ 自己責任論をいう人は恵まれてきた人

 これまで30年生きてきて、僕自身も非常に痛感してるんですが、自己責任論強い人ってこれまでの人生恵まれてきた人だと思うんです。それか個々の能力が高く困難も一人で解決してきたタイプの人ですね・・

普通生きてたりすれば、困難やトラブルに巻き込まれたりするんですが、個人の能力ではどうしても打開できなかったり、不運にもどうしようもない状況ってあるんですよね。

例えば、僕の場合ですけど運営してたNPOが責任者が病に倒れ、閉鎖してしまったように、自分の実力ではどうしようもないことや運要素のものって、解決しようがないです。また、3.11が原因で職を失ったり、自分を取り巻くものが一変した場合なんかどうにもなりませんね

 

★ 自己責任論は思考停止(?)

色々意見はあると思うのですが、僕個人としては自己責任論て思考停止なんじゃないかなって思ってます。

上にも書いたように、世の中どうしようもないものや、運要素が絡みに絡まって構成してる以上、個人の力や努力とかは通用する範囲って限られてきます。

だから、それを自己責任て一蹴っするのは思考停止なんじゃないかなと思うんですよ。

 

★ 最後に

皆さんは自己責任論についてどう思いますか? 自己責任論もいきすぎれば本当危険な代物になります。

時にはテキトーさも必要なんじゃないかなって思ってます。あと、個人でできる努力は万能じゃないし、範囲にも限界はあります。

 

以上

 

≪参考図書≫

honto.jp